自分で生きていくということ

 

こんばんは。

更新が滞り申し訳ございません。

 

毎日猛暑が続いておりますが、如何お過ごしでしょうか。

 

私自身もこれまでに脱水症状の怖さや熱中症の危険さというものを感じたことがあり、

こまめに水分補給をして気をつけています。

暑くても草は伸びますね。

 

陽だまりでは、利用者の一人ひとりと「仕事」とは何かから一緒に考え、「仕事」に向き合って作業しています。

 

(Amazonの出品作業やPhotoshopで写真加工をしてもらっています)

陽だまりでは大きく以下の3つの仕事をしています。

①事業所内で他の会社様からの請負仕事(袋詰め・箱詰め、組立etc)

②事業所内で自主製品の製造と自主製品のセットアップ、及びPC作業等

※青汁は健康食品専門工場に委託して製造。

③他の会社様に伺い就労実習(製品の出荷・梱包、組立、調理補助、清掃、農園作業etc)

 

実は②のPC作業は最近まであまりやってもらうことはありませんでした。

難しいかなと思っていたからです。

やってもらっても簡単な入力作業だけでした。

 

しかしPCの事務仕事をしてみたいという利用者さんが増えて来た為、

少しずつ教え始めて、今では自社サイトの出品作業をやってもらっています。

 

ある別の利用者さんは自分でもPhotoshopの使い方の勉強を始める程です。

 

一人ひとりのデキるを引き出し、

他の者から信頼される何かを身につけられれば

それはその人なりの秀でた長所となり、武器になり、生きていくになる。

 

私が前から利用者さんと一緒にやりたかったことが少しずつ形になってきたように思います。

 

万人にとって将来先々のことは不透明で不確定要素の方が多いですよね。

良いことも、そうでないこともいつ何時何が起こるか分からないのは皆一緒です。

 

しかしながら今目の前にある仕事、目の前にいる人を大切にし

一生懸命取り組んでいれば自分が望む結果は自ずと後から付いてくるものではないでしょうか。

 

先日も富士市である研修に参加させていただいたが、

障がい者支援に携わる多くの方が集まり議論を深めていました。

 

環境はひと昔前に比べて変わって来ています。

理解者も少しずつではあるが着実に増えてきています。

 

責任と誇りを持てる仕事を創出し、

決して甘えるのではなく、今日できることをイッショウケンメイに行う。

 

そして良い仕事を通じて、一人ひとりが生きる力を磨いていく。

 

それが陽だまりです。

 

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です